初心者向け情報

ブックメーカーに登録するための選び方や登録手順などを徹底解説

ブックメーカーへの登録

ブックメーカーに登録してスポーツの勝敗予想をしたいけれど、選び方や始め方がわからない。たとえ登録したとしても稼げないのではないか。どれくらいの資金が必要、ボーナスって何など、基本的な仕組みを知らない人もいると思います。

そこで今回はウィリアムヒルやbet365をはじめとした、各種予想サイトを選ぶにあたり、どのようなポイントを検討することが必要なのを紹介していきます。

この記事ではブックメーカーの選び方、登録手順やその他の注意点や疑問点などを徹底的に開設していきます。日本国内在住の18歳以上であればスポーツベットを誰でも始めることができるので、この記事をもとに参考にしてくください。

登録するブックメーカーの選び方

これからブックメーカーを始めたいけど選び方の基準、何を重視して良いのだろう?と疑問に思うかたは多いのではないでしょうか。

その他にもスポーツベットを登録する前にどのように各種ブクメを選んで良いかわからない、選び方を知りたいという方も多いはず。

ここでは新規アカウントを開設するにあたり、開設する間に見ておくべきポイントを5つに絞って紹介していきます。

ポイントを参考にしていだくことで新規登録時に不安や懸念点を解消できるような内容なっておりますので、それらを払拭できるように重要な点を解説しているので確認してください。

会社の信用度

スポーツ賭博は違法?それとも合法なのか、セキュリティ面は大丈夫なのかという不安があるかもしれません。そのような懸念点を解消するべく、健全な運営をしている会社を選ぶことは非常に重要でしょう。

会社の信用度であれば、大手企業のウィリアムヒルやbet365などがこの業界で最も長い歴史を築いています。

それらの予想サイトは信頼度も高いため、これからスポーツベットを始めたいと考えている方にはおすすめのサイト。大手企業はサポート体制も充実しているため、何か問題があってもきちんと対応してくれる優良企業と言えるでしょう

ただ、大前提として各ブクメはキュラソーやイギリス政府などがが発行したライセンスに基づいて運営されています。ライセンス発行機関は厳重な審査基準を設けており、それらを逸脱した場合、認可が解除される措置などもございます。

その他にも外部審査機関の監査として、eCOGRAなどは大手に予想サイトやネットカジノなので導入されています。そのため、きちん第三者機関からオッズやベットなどが不正に行われていないかを常に監査されています。

ライセンス

ブックメーカーは基本的に以下のライセンスを所持していきます。

  • マルタ共和国
  • イギリス領ジブラルタル政府
  • オランダ領キュラソー

どのブックメーカーのサイトにも発行されたライセンスナンバーが記載されておりますので、安全性を確認したい方は、ブクメの下段などで確認して見るようにしてください。

もし仮にライセンス発行元やナンバーがない場合は、怪しいので登録を避けるようにしましょう。

オッズ

的中時に少しでも払い戻し金額を増やしたい、賭けるなら一番高いオッズを提供している予想サイトを使用したいと考えている人もいるでしょう。

数あるスポーツブックの中でもオッズが高いスポーツブックを使用することは重要なポイントです。仮にオッズが低いところで長期間使用し、勝ち続けた場合には少なからず損失が発生します。

そのためオッズの高さは重要な指標となるでしょう。一般的に業界でもっとも高いオッズを提供しているのはピナクルスポーツ。オッズが高いため初心者からプロギャンブラーまで幅広い層が利用していることでも有名です。

またオッズの表記に関しては日本国内ではデシマル(小数点)表記が一般的となります。

手数料

オンラインベッティングサイトは登録手数料はかかりません。しかし入金・出金手段、出金回数によっては手数料が発生する可能性があります。

サイトによっては各種手数料無料を無料にしているところもありますが、一方で最低出金額以下の引き出し、毎月2回目以降は出金手数料が発生するなど様々な規定を定めています。

その影響により、せっかく勝利したにも関わらず、利益が少し減ってしまうということもあるかもしれません。

手数料に関しては各ブクメの支払い情報やペイメント方法に関するページに記載されておりますので、そちらをご確認ください。

最低賭ける金額

基本的に最低賭け金金額は20円前後が一般的です。どのブクメを少額から賭けることがでできるため、一度に高額を損失することもあります。

ただ中には最低金額を定めているオッズもあるため、全てのオッズに数十円で賭けられるわけでもありません。

オッズには単純に勝敗を予想するシングルベットや複数の予想を組み合わせるマルチベットがあります。

マルチベットの組み合わせによっては、最低賭け金が変わることもありますので、賭け金額はオッズの種類によって変動する可能性があることも頭に入れておくと良いでしょう。

キャンペーン

各種ブックメーカーでは独自のキャンペーンやプロモーションが随時実施されています。

例えば、登録するだけで1000円〜3000円分のフリーベットを貰えるものや、初回入金時に120%のキャッシュバックなど様々なプロモが各サービスで開催

その他にも特定のスポーツを対象したものや、オリンピック、ワールドカップなど国際大会に合わせて開催されるものがあります。

キャンペーン事例

  • アカウント開設ボーナス
  • 初回入金ボーナス/XX%キャッシュバック
  • ヨーロッパサッカー特集

など

各種ブックメーカーでキャンペーンは様々。シーズン開幕や年間優勝チームを決める優勝シリーズなどに合わせたものなど多種多様です。

特に初心者は多くのボーナスを受け取ることができるチャンスがあるため、アカウント開設をする前にどのようなボーナスを受け取れるのかを確認すると良いでしょう。

ただし、ボーナス金額で勝利した場合、引き出すための条件がブクメごとで設定されておりますので、各プロモの出金条件は事前に適宜確認するようにしてください。

ブックメーカーの登録に必要なもの

ここではブックメーカーで新規登録するにあたり必要なものをまとめて紹介していきます。

基本的に海外オンラインベッティングサイトを使用するためには、ネット環境を整える、本人確認書類をオンライン上でアップロードする、最低限の軍資金を用意しなければなりません。

そこで各ポイントにおいて気をつける点や注意するべきことを説明していきます。ここでは新規でアカウントを開設した人、開設前に準備すべきものを開設していきますので、以下の内容を確認し登録手続きを始めていきましょう。

パソコン・スマートフォン、タブレット

インターネットに接続できる環境を確保しなければなりません。

各種オンラインベッティングサイトではスマートフォンアプリをiOS版、Android版の両方、もしくはいずれかを提供しています。ただスマホはブラウザ版と異なり、機能を制限しているケースのあるので状況に合わせて使用しましょう。

本気でスポーツベッティングで稼ぎたいのであれば、パソコンを使用してベットすることをおすすめします。

また複数のベッティングサイトを立ち上げて、オッズやデータを確認したい方は、問題なくブクメが動作するように環境を整えておきましょう。

本人確認の書類

スポーツベットを始めるためには本人確認書類を必要とするケースがあります。登録時にはこれらの書類は必要ではないのですが、入金や出金時に必要となることがあるため、登録後には本人であることを証明できるパスポートや自動車運転免許証などをオンライン上でアップロードするようにしてください。

必要な書類

  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 住所確認書類(発行から3か月以内の住民票や公共料金の請求書など)

中には本人確認を済まさずともにできるものもありますが、ある一定期間を経過すると制限がかかるものもあるので、KYC関連の書類の承諾は早めに終えておくに越したことはありません。

そもそもですが、本人確認はマネーロンダリングや不正利用を防ぐことを目的に実施されていることを忘れないようにしましょう。

不正利用はアカウントの凍結や一時停止を招きかねますので、速やかにお手持ちの本人確認書類を提出するようにしてください。

賭けるための軍資金

スポーツベッティングはオンライン賭博なので、賭けるため軍資金を用意しましょう。サイトによって最低入金金額が定められていますが、数万円〜10万円程度の初期費用として用意するのが一般的です。

もちろん数円から始めることもできるますが、入金ボーナスなどを活用するのであれば、初期費用は大きければ大きいほどボーナスの恩恵を受けられるため、多いに越したことはありません。

ただし、注意しなければならない点として、生活資金以上の金額を入金してはならないことです。娯楽として遊べる範囲や定めた資金以上の投資はやめましょう。

ギャンブルには中毒性もあるため、負け分を取り返すために高額資金の入金や一点張りなど、損失を招く可能性のある行為はおすすめしません。そのため、自分で財務状況を確認し、きちんと計画したうえで、ブックメーカーを始めるようにしてください。

オンラインウォレットの登録

スポーツベッティングを日本で始める場合には、同時にエコペイズ(ecoPayz)やスティックペイ(Sticpay)といったオンラインウォレットに登録する必要があります。これらに登録することで、各種ベッティングサイトでの出入金がスムーズに行えれるようになります。

一般的に使用されているものは以下となります。

法定通貨

  • 
ecoPayz(エコペイズ)
  • VISA・Master Card、(ビザ・マスターカードクレジットカード)
  • iWallet(アイフォレット)
  • Sticpay(スティックペイ)
  • Google Pay(グーグルペイ)

お好みの新管理方法を選択して、スポーツベットの登録とともに各種イーウォレットで口座を開設するようにしましょう。

仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • Etherium(イーサリアム)
  • Xipil(リップル)

仮想通貨はサイトにもよりますが、3種類から最大25種類ほど対応しています。

また、どうしてもVisaやMasterカードといったクレジットカードは入金のみしか対応していない、銀行振り込みは特定の銀行口座のみと限られているため、最も一般的なエコペイズを利用するのが無難。

その他にも最近ではビットコインをはじめとした仮想通貨に対応したサイトも出てきているため、法定通貨と仮想通貨のどちらにも対応したサイトもあります。

入金・出金の注意点

各種ブックメーカーでは様々な出入金手段に対応しています。最も簡単な入金手段としてクレジットカードにも対応していますが、海外ギャンブルサイトへの規制もあり、VISA、マスターカードなどが使えないサイトも増えてきています。もちろん入金できるサイトもありますが、実際には利用することができないブクメが多いのが現状でしょう。

そのため、入金手段としてはecoPaysやSTICPAYなどのオンライン決済が主流。どちらも多くのサイトで導入されているため、いずれかを登録して入金を済ましてしまうことで、どのオンラインベッティングサイトでも使用できるようになります。

また近年では、仮想通貨に対応して始めている予想サイトも増えておりますので、ビットコインなどを所持している人は各種暗号通貨を利用することもおすすめです。

これから始める人はブックメーカーのアカウントの開設と並行して、ecoPaysかSTICPAYといったオンライン決済アカウントを新規で発行しておくとよいでしょう。

ブックメーカーの登録手順

ブックメーカーにはプラウザ、スマホなどを通じて登録することができます。お好みのデバイスから数分でアカウントを作成し、誰でも簡単に始めることができるでしょう。

日本で人気のあるブックメーカーは以下です。

  • Pinnacle Sports
  • ウィリアムヒル
  • bet365
  • 10betJapan
  • スポーツベットアイオー

いずれかのサイトから選択して登録を済ませていきましょう。
またオンラインベッティングを始めるための大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 新規登録/Registerなどと書かれたボタンをクリック
  2. 氏名やメールアドレスなどを基本情報の入力
  3. 規約を確認し、同意する
  4. 確定ボタンを押して完了
  5. 登録したメールアドレスで認証

スポーツベッティングサイトによっては、Gmailやその他のプラグインを有している場合があるため、よりスムーズに登録作業を進めることもできます。基本的にはどのブックメーカーも登録手続きを物の数分で終わらせることができるため、特に手間はかからないでしょう。

アカウントが発効後は、本人確認書類などを提出するなどして、入金や出金ができる体制を整えることをおすすめします。

1.新規登録/Registerなどと書かれたボタンをクリック

まずは選択した予想サイトでアカウントを開設していきましょう。新規登録画面に進むと、氏名やメールアドレスといった項目が出てくるので、それらを入力する準備をします。

2.氏名やメールアドレスなどを基本情報の入力

氏名や生年月日、電話番号といった基本情報を入力していきます。それらを間違えると後に行うことになる本人確認の承諾されないこともあるので、誤字や間違えがないように正確に入力してください。

  • 性別
  • 名前(ローマ字表記)
  • 苗字(ローマ字表記)
  •  生年月日
  •  Eメールアドレス
  •  居住国
  •  携帯電話番号
  •  町名以下の住所(ローマ字表記)
  •  市町村(ローマ字表記)
  •  郵便番号
  •  ユーザー名
  •  パスワード
  •  パスワード(確認用)
  •  使用通貨
  •  数字キャプチャ

3.規約を確認し、同意する

規約などを確認し同意しましょう。規約にはオッズの規定、支払い、本人確認などにまつわることが記載されているので、きちんと確認するようにしましょう。

4.確定ボタンを押して完了

入力した情報の確認を終えたら確定ボタンを押して、登録手続きを終えましょう。

5.登録したメールアドレスで認証

アカウントIDやパスワードなどが登録した連絡先に送られていきます。送られてきたURLをクリックし、承認作業を完了させたら、入金を済ませて実際にプレイしてみましょう!

ブックメーカーは複数登録できる?

ブックメーカーは複数利用することができます。一つにサイトのみを使用するユーザーもいますが、いくつかのサイトを比較しながらオッズを選定することはスポーツギャンブルでは王道。

オッズの微々たる違いは賭け金が高ければ高いほど多くなるため、様々なサイトを使用することは払戻金に大きく影響していきます。それ以外にも各種ブクメではプロモーションやボーナスなどが異なります。予想サイトによっては人気スポーツであるサッカーやバスケットボールに力を入れていることもあります。

また近年ではオンラインゲーミング分野が急速に伸びてきていることもあり、リーグオブレジェンドやCS:GOといったeSportsやバーチャルスポーツの分野に力を入れているブクメも出てきています。

そのため、各サイトで取り扱っている競技が異なることもあるため、複数のサイトに登録しておくことで、オッズ、取り扱い競技、プロモやキャンペーンなど受けとれるものが異なりますので、一つに絞らず複数使用することをおすすめします。それ以外にもベットオプションの各予想サイトで異なりますので、好みに応じて使用すると良いでしょう。

会員登録時に確認したいこと

ブックメーカーに登録する前に、いくつか確認しておいたほうが良いポイントがあります。

  • 日本語対応もしくは未対応かどうか
  • 日本語カスタマーサービス、チャットサービスはあるか
  • 日本円に対応している、それとも対応していないか
  • 仮想通貨に対応しているかどうか

上記の4点は非常に重要です。特に映画苦手な人にとって、大手オンラインベッティングサイト「bet365」は日本語に対応していないためおすすめできません。理由としては、登録や本人確認書類のアップロード時に英語指示に従って様々な作業を行わなくてはなりません。そういった作業は初心者にとっては苦痛なものですし、始めたくてもなかなか始められない状況となります。

一方で日本でもお馴染みのウィリアムヒルやピナクルスポーツなどは日本語に対応しており、何をどうすれば良いのか一目瞭然です。そのため登録時から登録後まで特段の問題が発生しなければ、何事もなく使用することができるでしょう。

また近年では仮想通貨をメインとするマルチカレンチープラットフォーム、Sportsbet.ioはユーザーの個人情報を必要としないため、誰もがすぐに登録でき、かつ日本語対応などで日本でも需要が高まってきています。

言語や通貨が何に対応しているかはプレイするために非常に重要ですので、登録前に支払情報や基本的なことを確認することで、より快適にスポーツベットを実行できるようになるでしょう。

登録完了までにかかる時間

基本的にアカウント登録手続きを始めてから解説までは数分で終わります。
各予想サイトの新規登録画面から順序に従って氏名や電話番号といった基本情報を入力しながら、手順に沿って進めていく流れになります。

必要最低限の情報を入寮した段階で登録完了となるでしょう。中にはfacebookやgmailアカウントと連携しているものもあるため、ソーシャルプラグインで簡単に登録することも可能です。

また各サイトでは登録時に入力できる「ボーナスコード」を用意している場合があります。れらを入力することで数千円のボーナス金が支給されたり、XX円分のフリーベットを貰えます。

ボーナスは各サイトで様々。ボーナスコードを持っている方は積極的に活用するようにしてください。そうすることで、最初のプレイをスムーズに進めることができます。

登録の審査に落ちることはある?

登録の審査に落ちることは18歳以上であれば滅多にありません。ただし、アカウント登録が済んだあとに本人確認証明書が承諾されないこともあるため、サイト内の規約や指示に従ってその後の手続きを行うようにしてください。

サイト内にはギャンブル規定やその他の規約が存在しており、それらに順次ない活動をしてしまった場合、アカウントの凍結や一時停止といった処置が施される可能性があります。

それ以外にも資金の大量投資などによるマックスベット規制やギャンブル依存症防止、マネーロンダリング予防に様々なものがあるため、規定に従って健全なスポーツベットを行うようにしましょう。

まとめ:ブックメーカーに登録してスポーツベット を始めよう!

ブックメーカーの登録や選び方などはいかがでしたでしょうか。今回はこれからスポーツベットを始める方向けに登録に必要なものや手順などを紹介させていただきました。

各種オンラインベッティングサイトには様々な特徴がありますので、それらを検討した上で登録するようにしてください。また一つの予想サイトに拘らず、日本国内で利用できるものを複数開設することもおすすめします。

今回は以下の点を中心に紹介してきました。

  • 登録するブックメーカーの選び方
  • ブックメーカーの登録に必要なもの
  • 登録手順や疑問
  • 資金管理にecoPaysがおすすめ
  • 仮想通貨にも対応

ブックメーカーを使用する目的は娯楽、副収入などと様々ですが、隙間時間を活用して少額から大金を稼ぐことができるチャンスだけでなく、実際にライブストリーミング映像なども見れてます。

稼ぐだけでなくエンターテイメントツールとしても日々の生活を楽しませてくれるので、今回興味を持った方は是非登録してみてください。

ブックメーカーおすすめTOP3

第1位:ボンズカジノ

ボンズカジノ最大の魅力がリベートボーナス!ブックメーカーだけでなくカジノゲームなど、全ての賭けの賭け資金に対してボーナスがもらえるので、ただ遊んでいるだけでもボーナス資金が増えていきます。

継続してプレイするならボンズカジノ一択でしょう。

ボーナスコード「osusumekaisya」を入力すると入金不要ボーナス45ドルが獲得できます。

 

 

第2位:sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

スポーツベットアイオーのウリである「プライスブースト」を使用することで、業界最大のオッズを誇るピナクルでさえも上回るオッズを各スポーツ競技で1日1回、手に入れることができます。

賭けの回数がそれほど多くない、ライトユーザーの方におすすめできるブックメーカーです。

数多くのキャンペーンもあり、飽きることなく賭けを楽しむことができます。

第3位:10BET JAPAN

ブックメーカーで最も盛んに賭けが行われているのスポーツがサッカー!10BETではサッカーを中心に様々なキャンペーンやボーナスが提供されており、サッカーを賭けの対象とするプレイヤーから大きな支持を得ています。

賭けるのはサッカーがほとんど。そんなプレイヤーには10BET JAPANがおすすめです。

-初心者向け情報