bet365

bet365でアカウント凍結?!原因と対策を解説

bet365のアカウント凍結

ブックメーカーで絶大な人気を誇るサイト「bet365」。
副収入として資金を増やしたい多くの方が利用しています。

賭けることができるスポーツ・試合も多く、サイト内でライブストリーミング観戦もできることからスポーツ愛好家の方からも人気を博しているサービスです。

しかし、bet365も特定の行動をしてしまうとアカウントが凍結されてしまう場合があります。

今回はそんなトラブルを回避するため、凍結してしまう理由と対策を含め、楽しく利用するためのポイントをご紹介します。

bet365でアカウント凍結される理由

アカウントが凍結してしまうとアカウント内のお金の引き落としはできますが、賭ける(ベットする)ことができなくなってしまうためお金を増やすことができません。
一度凍結されしまうと解除させることは困難で、再開できない可能性も十分あります。

bet365から具体的な凍結の条件は開示されていませんが、過去に凍結された人々の傾向をもとに凍結されてやすい行動について解説します。

掛け金が大きい・大金を稼ぎすぎている

賭ける金額や払い戻し金額が20万円以上のような大金のベット・獲得を連続して行うと「ギャンブルの依存性がある」と判断され凍結になる可能性が高いです。

また、凍結以外にもベット金額の規制がかかる場合があります。
規制がかかると1回に賭けることができる金額が数百円になり、利用金額に大幅な制限が課せられます。

※試合により賭けられる金額の上限は異なります。上限に達すると黄色い文字でMax Betと表記されます。Max Betも何度も行うと凍結の対象になる場合があるので注意しましょう。

連続して勝ちが続いている

対戦選手(チーム)同士の過去の戦績や明らかな実力差から払い戻し金額は少ないけど、堅実に資金を増やしている人は目をつけられやすいと言われています。

特に注意が必要な方は、払い戻しの倍率1.01前後の選手(チーム)にばかりベットしている方です。

賭ける金額に対しての利益率があまりにも低いため、マネーロンダリングを疑われる可能性があります。
※マネーロンダリングとは・・・違法行為から発生したお金を様々な口座に移動させ、お金の出どころをわからなくする行為を指します。

両者に賭けている

試合の両選手(チーム)に賭けている場合、必ずどちらかは的中して払い戻しがされます。
頻繁に連続して行うと「アービトラージ」をしているとみなされアカウントに規制がかかったり、凍結される可能性があります。
※アービトラージとは・・・簡潔に言うと「両者に賭けても必ず利益が出る賭博方法」のことです。1つのブックメーカーサイト内では滅多に起こりません。複数のサイトを利用している方が発生する可能性は高いです。

例えば、サイト①では払い戻しが選手Aは1.5倍、選手Bは2.0倍
サイト②では払い戻しが選手Aは3.0倍、選手Bは1.1倍

軍資金10,000円として、
①のサイトで選手Bに6,000円、②のサイトで選手Aに4,000円を賭けるとします。
この場合、どちらに転んでも12,000円の払い戻しを受けることができるので必ず2,000円の利益を得ることができてしまうという訳です。

bet365だけではこのような状況は滅多にありませんが、単純に両選手(チーム)賭けは利益を出すよりも損をする可能性の方が高いので避けたほうが無難ではないでしょうか。

本人名義以外のカードで登録する

bet365での入金方法は3つあります。
・クレジットカード
・デビットカード
・アストロペイ

bet365ではクレジット / デビットカードの名義人が同じであることが必要です。
また、アストロペイもカード名義が登録者と同じ名前でなくてはいけません。
他人名義のカードからの入金は規約違反にあたるので注意しましょう。

※Web Moneyカードからの入金は2020年〜使用不可となりました。

複数アカウントを所持

複数アカウントは規約違反にあたります。
発覚すると凍結される可能性が非常に高いです。
元々あるアカウントでログインできなくて別アカウントを作ってしまった場合は、どちらかのアカウントを閉鎖してもらうように連絡しましょう。

また、各アカウントの使用する通貨は一度登録すると変更することができないため、使用する通貨を変更するときは元のアカウントを閉鎖する必要があるのでお気をつけください。

内容を理解しないままのアンケート回答

bet365を使い続けていると、ベットする前にアンケートの回答が求められるときがあります。このアンケートに回答しないとベットすることができないので、必ず答えなくてはいけません。

賭ける回数や的中回数が多いユーザーほどアンケートへの回答を求められる回数が多いと言われています。

英語がわからなくて適当に答えてしまうと、最悪の場合「ギャンブル依存症」だと判断されてアカウントが凍結される可能性があります。
英語がわからない方・苦手な方は、グーグルの「自動翻訳」を利用してみてください。アンケートの文章をコピペすることでおおよその和訳がわかるので誤った回答を予防することができます。

bet365でアカウント凍結しないための対策

「凍結される原因となる行動はわかったけど、具体的な対策を知りたい」
「何に意識して利用すればいいの?」
という方のために、凍結されないための対策をご紹介します。

毎回一定の金額をベットする

ブックメーカーはユーザーが健全かつ継続的利用をしてもらうことを推奨しており、「ギャンブル依存症」の問題対処にも取り組んでいます。

ユーザーが生活に支障を来すほどのお金をベットして、ハズレてしまえばお金は水の泡と消え、結果的にユーザーの生活を脅かすことになればbet365をはじめとするブックメーカーサイトは社会的にも危険な存在とみなされ存続ができなくなってしまいます。

そんなユーザーが増えれば、利用者も減ってしまいサイト自体も閉鎖せざるを得ません。

運営側としては、『この試合は絶対にコッチが勝つから、賭け金を多くつぎ込んじゃおう!』のような毎回賭ける金額の変動が激しいユーザーは「ギャンブル依存症」のリスクが高いため排除したい訳です。

毎回一定の金額をベットして1回で大金を稼ぐのではなく、地道にコツコツ積み上げていくように利用するよう心がけましょう。

1回で20万以上の利益の獲得をしない

多く稼ぐ人は運営に目をつけられ、凍結の可能性が高くなります。

1回で20万円以上も稼ぐ人が多くなる・20万円以上の利益を頻繁に稼がれては「ギャンブル依存症」を助長する可能性があるからです。

ブックメーカーを娯楽や投資として捉えて利用するのであれば、地道にコツコツ資金を増やしていくよう払戻金は1回のベットで10万円以内、払い戻し金額は賭けた金額の1.1~1.5倍圏内が安全と言われています。

月の利益は100万以下にする

世界中で利用されているサービスとは言え、大金稼ぎはサイトの運営資金に大きな影響を与えます。

その利益の目安となる金額が100万円/月です。

高額な稼ぎを出すユーザーが多くなれば、それだけ出金される金額も大きくなるので運営側としては資金が減ってしまう可能性があります。

1ヶ月の稼ぎは多くても90万円台までに調整して利用しましょう。

お金の出金は頻繁に行わない

毎月アカウントに貯まった金額を出金すると、「ギャンブル依存性」が高いと見なされたりマネーロンダリングを疑われる場合があります。

入出金するたびに手数料もかかるので、余計な損をしてしまうため貯まるまでに最短でも2ヶ月以上は要する目標金額に設定して、不要な出金は控えるようにしましょう。

bet365の出金上限金額は400万円、最低出金金額は6,000円から可能です。
口座への振り込み手数料が銀行によって異なるので注意してください。

・SMBC信託銀行 / 5,000円
・三井住友銀行 / 2,500〜6,500円
・三菱UFJ銀行 / 1,500~4,000円
・楽天銀行 / 2,400〜5,000円
・りそな銀行 / 1,500円

まとめ

bet365でアカウントが凍結されないためには
・規約に従うこと
・1度に、1ヶ月間で大きく稼ぎすぎないこと
・一定の金額で利用し続けること

堅実な利用が凍結リスクをなくし、最大限楽しむ方法です。

普段は一定の金額なのに感情的になって多額をつぎ込むと、ハズレた場合の損失も大きくなり大変危険です。

娯楽、投資としてもbet365を活用するのであれば焦らず堅実に利用しましょう。

ブックメーカーおすすめTOP3

第1位:ボンズカジノ

ボンズカジノ最大の魅力がリベートボーナス!ブックメーカーだけでなくカジノゲームなど、全ての賭けの賭け資金に対してボーナスがもらえるので、ただ遊んでいるだけでもボーナス資金が増えていきます。

継続してプレイするならボンズカジノ一択でしょう。

ボーナスコード「osusumekaisya」を入力すると入金不要ボーナス45ドルが獲得できます。

 

 

第2位:sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

スポーツベットアイオーのウリである「プライスブースト」を使用することで、業界最大のオッズを誇るピナクルでさえも上回るオッズを各スポーツ競技で1日1回、手に入れることができます。

賭けの回数がそれほど多くない、ライトユーザーの方におすすめできるブックメーカーです。

数多くのキャンペーンもあり、飽きることなく賭けを楽しむことができます。

第3位:10BET JAPAN

ブックメーカーで最も盛んに賭けが行われているのスポーツがサッカー!10BETではサッカーを中心に様々なキャンペーンやボーナスが提供されており、サッカーを賭けの対象とするプレイヤーから大きな支持を得ています。

賭けるのはサッカーがほとんど。そんなプレイヤーには10BET JAPANがおすすめです。

-bet365