ブックメーカー予想

今週注目のメジャーリーグ、Jリーグ明治安田生命第14節のブックメーカーオッズを紹介

今週の注目のスポーツイベントは、メジャーリーグベースボール(MLB)、2019年にワールドシリーズを制覇したナショナルズ戦、地区7連覇のドジャース戦やヤンキース戦をピックアップしていきます。

その他にもJリーグ明治安田生命第14節の注目のカードを3試合紹介していきますの、bet365が発表しているオッズとともに確認していきましょう。

メジャーリーグ注目好カード

メジャーリーグ注目の好カード

先日、メッツの選手が新型コロナウィルス陽性反応を示すなどして、ヤンキース戦が中止になるなど驚かされましたが、今週もナショナルリーグ、アメリカンリーグで注目の好カードが開催を予定しています。

今回は数ある試合の中でも、昨シーズン栄冠に輝いたナショナルズ、地区7連覇ドジャースとヤンキース戦のピックアップしておりますので、以下でオッズを確認していきましょう。

ナショナルズ対マーリンズ

ナショナルズ対マーリンズ

昨年ワイルドカードからワールドシリーズで制覇を果たした4位ナショナルズは、今シーズン1勝2敗と負け越している2位マーリンズと対戦

ナショナルリーグで3位のチーム打率を誇るナショナルズがマーリンズの投手陣を打ち崩しにいきます。

既に行われた3戦全てが1点差ゲーム。
終盤までマーリンズがリードしていればリーグ1位のセーブ率を維持している投手陣が試合を締めてくれるでしょう。

「bet365」が発表している現段階でのオッズはナショナルズに1.68倍、マーリンズには2.25倍となっております。

ドジャース対ジャイアンツ

現在西地区首位のドジャーズは同地区5位のジャイアンツと対戦
地区7連覇中のドジャースは今年も投打が噛み合い、直近10試合9勝1敗と好調を維持しています。

ジャイアンツ戦には、現在2勝を上げているフリオ・ウリアスがジャイアンツ打線を封じ込める試合に期待できるでしょう。

現段階でのオッズは出ておりませんので、ブックメーカーで確認しましょう。

ヤンキース対ブレーブス

現在アメリカン・リーグ東地区2位を走る名門ヤンキースは26日からナショナル・リーグ1位のブレーブスとの交流戦
お互いにリーグ屈指の強力打線を誇るため点の取り合いが予想されます。

ヤンキース戦には今シーズン勝ち星のない、トゥーキ・トゥーサント(防御率7.97)が先発予想となっているため、現状はヤンキース優勢と考えられるでしょう。

現段階でのオッズは出ておりませんので、ブックメーカーで確認しましょう。

サッカー:明治安田生命Jリーグの第13節

サッカー明治安田生命Jリーグ

第12節では元サッカー日本代表DF内田篤人選手が現役引退を迎えるなど驚きのニュースや、トップの川崎フロンターレが初黒星と様々なニュースがありました。

今回は、現在首位には川崎フロンターレ、2位にセレッソ大阪、名門復活を目指す浦和レッズ戦のオッズを紹介していきます。

川崎フロンターレ対清水エスパルス

川崎フロンターレ対清水エスパルス

前節、名古屋グランパスに1-0で敗退し今シーズン初黒星となった川崎フロンターレは、ホームに16位清水エスパルスを迎えます。

今季初の敗北を味わった川崎ですが、直近の成績を含めても清水よりも豊富なタレントを誇るため、今回の等々力での試合で敗戦の払拭を晴らしてくれるでしょう。

「bet365」が発表している現段階でのオッズは川崎フロンターレに1.28倍、清水エスパルスには9.00倍となっております。

横浜FC対セレッソ大阪

横浜FC対セレッソ大阪

今シーズンからJ1の舞台にキングカズ、中村俊輔といったベテラン勢と共に戻ってきた11位横浜FCは、好調なセレッソ大阪をホームに迎えます

現在2位のセレッソ大阪は11節に首位フロンターレに大敗しましたが、それまでは直近5試合負けなし、前節は2-1と仙台に勝ち越し順位を上げました。
それに対して今シーズンから昇格した横浜FCは現在3連勝中と絶好調。

お互いに好調を維持しているチームですが、実力差をみてもC大阪が優勢。
しかしそれに対して若さとベテランの力を組み合わせたチームが立ち向かいます。

「bet365」が発表している現段階でのオッズは横浜Fに4.20倍、セレッソ大阪には1.83倍となっております。

浦和レッズ対大分トリニータ

浦和レッズ対大分トリニータ

徐々に本来の力を取り戻しつつある7位浦和レッズは、14位の大分トリニータをホーム、埼玉スタジアムに迎えます

前節まで浦和レッズは直近5試合で負けなしでしたが、ヴィッセル神戸に後半38分に日本代表の山口蛍選手に得点を許し敗戦。
なかなか波に取れない名門浦和レッズは、ホームで打ち勝ちたいところですが、昨年王者マリノスに勝利するなど、強豪相手に互角の戦いを見せる大分トリニータがどのような戦いをするのか注目が集まります。

現段階でのオッズは浦和レッズに1.85倍、大分トリニータには4.20倍となっております。

まとめ

今回はメジャリーグとJリーグの注目の試合を取り上げさせていただきました。

異例の60試合制のメジャーリーグでは着々と試合が消化されている中でどのような結果がでるのか。
サッカー、野球では屈指の好カードが今週も開催されます。
人気のスポーツへスポーツベティングをしてみましょう。

-ブックメーカー予想