ブックメーカー予想

NBA2020-21シーズンが開幕!欧州サッカーではアトレティコ対ソシエダの上位対決!

今週のブックメーカー予想では、NBA開幕に向けた優勝オッズの紹介および、欧州リーグの注目の試合を紹介します。

またヨーロッパリーグはプレミアリーグ以外は、多くのリーグが冬季休暇に入ります。過密日程で試合が開催されるため、選手コンディションやメンバー情報を確認しながら予想すると良いと思います。

さて今週のピックアップもウィリアムヒルが発表しているオッズとともに予想を考えていきます。

NBA2020-21シーズン開幕

本日からNBAの新シーズンが開幕します。つい2ヶ月前にシーズンを終えたばかりですが、23日からほぼ毎日各地でNBAファイナルを目指す戦いが開催されようとしています。

今季は全30チームが参加し、イースタン、ウェスタンカンファレンスが行われますので、ぜひ約1300試合以上も組まれている試合をバスケットボールベッティングとともにお楽しみください。

以下ではNBAファイナルの優勝オッズを紹介します。

欧州リーグ、サッカーベッティング

今週で多くのヨーロッパリーグが冬季休暇に入る予定となっています。試合は過密日程となっており、週明けから週末にかけて多くの試合が欧州では開催されようとしております。

そこで今回は、いくつかの日本人が出場するであろう試合と、注目の試合をピックアップさせていただき予想していきたいと思います。

23日:SDウエスカ対レバンテ

日本代表岡崎慎司選手が所属する19位SDウエスカは15位レバンテとの対戦をホームで迎えます。ホームウエスカは、直近の5試合で1勝2分2敗とまずまずの結果を残しておりますが、依然として降格権内に沈んでおります。岡崎選手が怪我から復帰して以降は勝利を挙げるなどして、チームに好影響を与えていることもあり今回は接戦が予想されています。レバンテは2勝2分1敗となっており、まずまずの成績を残しています。

オッズ

  • ホーム:SDウエスカの勝利が2.30倍
  • 引き分け:3.40倍
  • アウェイ:レバンテの勝利は3.10倍

降格圏内から少しでも脱出したいウエスカは冬季休暇前の正念場。このクリスマス前に勝利をしてほしいところですが、前半の成績からも引き分けを予想したいと思います。

23日:レアル・ソシエダ対アトレティコ・マドリード

今シーズン、好調なシーズンを迎えている3位レアル・ソシエダは2試合未消化ながら首位を維持するアトレティコ・マドリードをホームに迎えます、ホームのソシエダは直近5試合勝ち星なしのため、ここで勝利をしてシーズン後半に向けて勢いをつけたいところでしょう。対するアトレティコはレアル・マドリードとの試合では敗戦を屈しましたが、5試合で4勝1敗と圧倒的な強さを維持しています。

オッズ

  • ホーム:レアル・ソシエダの勝利が3.25倍
  • 引き分け:3.10倍
  • アウェイ:アトレティコの勝利は2.37倍

非常にハイレベルな試合になることが予想される今節ですが、前回の対戦は1-1と引き分け。オーバー投資0.5〜1.5以上出かけると85〜100%の確率で的中するというデータもあるので、それらを屈指すれば勝てるかもしれません。勝敗ついてはベストメンバーが揃えばアトレティコが勝つことを予想します。

24日:レアル・マドリード対グラナダ

リーグ3連勝と好調の2位レアル・マドリードは4連勝をかけてホームで6位グラナダと対戦をします。ホームでの敗戦が目立つレアル。しかし、過去14試合で13勝1敗と圧倒的な相性を誇っているため、今回も良い試合をしてくれるのではないでしょうか。
トップの座を狙うためには勝ち点を落とせない試合となるはずです。

オッズ

  • ホーム:レアルの勝利が1.33倍
  • 引き分け:5.50倍
  • アウェイ:グラナダの勝利は9.50倍

お互いに順位も高く、各試合でも順調に勝ち星を取れている状況です。ただホームのレアルは相性も良く、調子も上がってきているので勝ちを予想します。ホームで負けも目立つのでローリスク・ハイリターンを狙ってグラナダ勝利を予想するのもベッターとしてもありかもしれませんね。

24日:ACミラン対ラツィオ

今季、名門復活となった首位ACミランは、リーグ8位のラツィオをホームに迎えます。ホームのミランは、直近5試合負けなしの3勝2分。それに対してアウェイチームは、2勝1分2敗と波に乗り切れておりません。近年は互いに勝ち負けを分け合っているチームのため、今回どのような結果をもたらしてくれるか興味深い試合となっております。

オッズ

  • ホーム:ACミランの勝利が2.15倍
  • 引き分け:3.60倍
  • アウェイ:ラツィオの勝利は3.20倍

チームの勢い的にはACミランが優勢でしょう。前回の対戦でも3-0と打ち負かしています。加えて、ホームでの平均得点数も3.50と超えていることもあり、得点には期待できためオーバー0.5以上で投資すると的中するかもしれませんね。勝敗つきましてはACミランの勝利に賭けたいですが、ホームでの勝率が50%なので不安です。

まとめ

今週はNBAの開幕することもあり、バスケットボールベッティングを好む人には今後ワクワクする日程が遅れるのではないでしょうか。

欧州サッカーは2週間ほどの冬季休暇となるため、スポーツイベントが少なくなってしまいますが、プレミアリーグは健在ですのでぜひ、年末年始もバスケとサッカー、それ以外もお楽しみください!

-ブックメーカー予想

Copyright© ブックメーカーおすすめ会社ランキングサイト , 2021 All Rights Reserved.