ブックメーカースポーツ

ブックメーカーのテニス競技の賭け方と稼ぎ方!

ブックメーカーはまだまだ日本に浸透していない新しい投資、副業ツールだと感じていますが、ブックメーカーを始めるにもいきなり大金を手に入れる事は難しいというか「リスク」があります。

ブックメーカーでテニスを選択して、お金を稼ぎたい、副収入を得たいと考えている方は多いと思います。近年テニスは日本人選手の躍進が続き、人気スポーツとなっていることも影響し、スポーツベッティングを始めたい人も多いでしょう。

そこで今回は、ブクメで利益を上げるために必要な考え方やへにの種類など、基本的な内容を以下で紹介していきます。

ブックメーカーのテニス概要

ブックメーカーのテニス概要

ブックメーカーでテニスを選択するとその競技ならではベッティングオプションが表示されます。
テニスの大会は4大会のグランドスラムだけでなく、それに向けた予選や各国で開催される試合が毎日開催されます。世界中のコートで多くの試合が日々開催されるため、オッズの種類も豊富にあり、数あるスポーツの中でも人気競技として捉えられています。

人気の理由は主な理由は以下です。

  • 1日の試合回数が多い
  • 下調べで勝率が上がる
  • ルールがわかりやすい

スポーツベッティングの特徴

サッカーのように注目の試合は週末のみというわけでなく、USオープン、フランスオープンとなると、それらの大会に向けて、調整試合として、人気選手であるノバク・ジョコビッチ、ラファエル・ナダル選手など、日本でも有名な選手が数多くの試合に出場します。

またこの競技に投資する上で、良い点は、朝方、夜中の時間帯に試合が多く、オフィスに勤務する人からすると、ライブベットをしやすい時間に投資できるのが一つの魅力でしょう。

さらには、セット間でオッズを選べるため、結果が直ぐに出て、短時間で稼ぐことも可能。
ベットも、ゲーム毎、セット毎等の時間を細かく区切ったものを出しているため、1セットのみであれば、
3分〜5分程度結果出る場合もあります。

最速で結果が分かるうえに、時間を確保しやすい時間に賭けらます。
そのため、テニスが投資する上でとても有効と言えるでしょう。

ブックメーカのテニスでの稼ぎ方(賭け方等)

テニスでのブックメーカーの賭け方と稼ぎ方

あらゆる種類のスポーツ賭博で勝者を選ぶことは特に簡単ではありません。テニスの賭けには、怪我の可能性や、パフォーマンスの低下、ショット、審判の決定などいくつかの要因で試合の流れ傾く可能性があります。情報を収集しながら、どうすれば稼げるのかと言った内容を、こちらでは紹介していきます。

成功事例を参考に

テニスの投資法、稼ぎ方、賭け方は数多くのベッターが既に実証済みです。経験者が伝えている成功の法則を真似ることは稼ぐことにつながります。

例えば、オーバー・アンダー投資法を屈指して、コツコツと資金を増やしていく方法。この賭け方はブックメーカーの王道となっているので、誰もが簡単にできるやり方です。

ただし、一度負けてしまうと、一気に資金がそこを尽きてしまいます。それがこの方法の最大のデメリットであり欠陥です。

こうやって成功者のやり方を真似ることは非常に重要なことなので、独自で調べて色々と試して組みてください。

統計データの確認

過去の戦績やプレーヤーのパフォーマンスの記録をATPまたはWTAのWebサイトにアクセスすると確認することができます。これは誰もが簡単にできることなので、投資をしたい考えている大会や試合が近い場合は事前に選手情報を確認するようにしましょう。

オッズは早めに探し、賭ける

発表された段階でベットするのは一つの戦略です。できるだけ早くオッズを確認することはどのタイミングで、オッズに投資するかも考える時間を得られるので、投資判断をよりよくするための価値があります。

オッズは日々変動するので、他サイト比較しながら、どのサイトであれば一円でも多く稼げるのかを確認することがは一つの有効な手段となるでしょう。

勝者を予測して賭ける

勝敗予想オッズやMatch To Winなどは、初心が最も簡単にできる賭け方です。

この方法では、ATPが発表している世界ランキングを参考に予想を立てると、勝率を上げることができます。特に大きな大会では、どの選手も本気なので、シードと予選から這い上がってきた選手が戦う試合は穴場です。

例えば、ランキング10以内の選手、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルと、50以下の選手が戦う場合、トップ10に入っている選手が勝つことを予想しやすいです。

ただ勝てる試合であるからと言って、何も調べずにベットすると負けてしまうこともあるので、きちんと調べて投資判断をしましょう。

弱者にかけることを恐れない

マッチベットを活用する際は、実力が劣る予想される選手に賭けることを恐れないようにしましょう。
やはり、前評判を覆す選手はいます。それ以外にハプニングが起きます。

例えば、全米オープン2020ではジョコビッチ選手がまさかの失格で敗戦、多額の賞金を手にした方もいるかもしれません。本来あり得ないことが起こることを想定して、高いオッズに賭けるのも稼ぐチャンスの手段です

そういったチャンスをうまく利用しながら、高いオッズと低いオッズを掛け合わせることは稼ぐ手段の一つです。

圧倒的な試合展開はチャンス

様々な試合展開がある中で、実力差が大きく出ている試合や、コンディンションによって圧倒的な差が付いているものは狙い目です。特にセットを選択するものは大きな利益を生みます。

例えば、A選手が既にストレート(6-0、6-0)と奪取しているようなシチュエーションなどは、試合が覆ることはほぼないので、そう言ったチャンスを見つけたら、すぐさまライブベットで投資するようにしましょう。

テニスで賭けられるベッティングの種類

ブックメーカーではスポーツだけでなく、ゲーミンング分野のバーチャルスポーツやeSportsなど年々分野が増えてきており、選択肢も豊富です。そん中でテニスでもベッターが楽しめるような様々なオッズが用意され、飽きることがありません。

エンターテイメントに優れた競技では、試合の結果をシンプルに予想するもの、セットの勝者の予想から、ハンディキャップなどを付けて、賭けてとして勝つベッティングオプションが存在します。

いくつかあるベッティングの種類の中から、基本的なものをいくつかご紹介します。
そしてブックメーカーテニス投資に役立ててください。

優勝選手予想

次に紹介するのは各大会やトーナメントが対象としてその優勝選手を予想する賭け方です。

ちなみにこの予想は大会中にも賭けることが可能です。試合が消化されていくに連れてオッズは低くなっていきますが、その分予想もしやすくなります。

勝敗予想/マネーライン/試合ベッティング

勝敗予想は至ってシンプル。単純に試合で勝利するか負けるかの2択のうちどちらを選択するベッティング方法です。
他の競技と異なり、テニスには引き分けがありません。

特にこれは世界ランキング上位と下位の選手が一戦交える際は高い確率で勝てます。オッズを見れば1.002倍どいうものあるので、各種ブックメーカーを確認しましょう。

スコア予想

スコア予想もテニスベッティングではメジャーな掛け方のひとつです。
ここでは勝ち負けではなく。試合終了時の両選手の取得セット数を予想します。

・セット数予想
・コレクトスコア

こちらはスコア予想とは違い、何セット目で決着するかを予想します。

どちらの選手が勝利するかは予想しなくてもいいので、テニス選手はまだ詳しくないという方におすすめの賭け方です。

ハンディキャップ予想

チームであれば、チームメイトの穴を埋めるやすいですが、個人戦であるテニスはそうはいきません。
両選手の力量に合わせて、ハンデが設定し、勝敗の予想するのがハンディキャップです。

事例
「ノバク・ジョコビッチ(Under -1.5) 錦織圭(Over +1.5)」の場合。

ここで、「錦織圭選手が1.5得点以上の差を付ければ勝てるだろう」と検討します。
しかし、実際の試合では、2-1と勝利を逃し、ジョコビッチ選手が勝利したとします。

ここでハンデが適応され、2-2.5となるため、スポーツベッティング上では的中となります。

インプレーベッティング/ライブベッティング

テニスベッティングの醍醐味の一つとして、インプレーベッティングもしくはライブベッティングがあります。
これのベットでは、実際に試合状況をブクメ内で確認しながら、ベットを行っていきます。

ライブベットでは、リアルタイムで行われている試合の勝率、ダブルフォルト、サービスエースの数などの情報を合わせて閲覧可能。そういった情報を確認しながら、各種ベットオプションに賭けることができます。事前ベットと異なり、状況によってはオッズの数値が大きく変動するため、スリル感ある投資ができるでしょう。

セットベッティング

セットベッティングではA選手がB選手との試合結果を予想するものです。このオッズでは勝敗に加えて2-1、2-0で勝利するという結果を予想して賭けるため、すこ難易度が上がります。

例えば、錦織圭選手が、パウロ・アンドゥハル選手と試合する場合は、以下のようなオッズとなります。

試合ベッティングと異なり、スコアを予想するので、単純な勝敗予想オッズよりもオッズの数値は高くなります。

 

テニスの基礎知識

ブックメーカー テニス 必勝法の一番基本的なステップとしては、テニスの基本的なルールを知ることです!

テニスはコートの真ん中にネットを挟んで、ボールを打ち合うスポーツです。基本的には、ボールが地面に2回着くまでに経休しなければなりません。ネットを超えて、相手人内のコートに落ち、打ち返せない、ネットを超えなかった、ライン上を超えると得点。1得点あたり次のようにカウントされ、「0(ラブ)・15(フィフティー)・30(サーティー)・40(フォーティー)・ゲーム」と4回ポイントを重ねることができら1セット獲得する流れです。

ゲームは基本的には、サーブから始め、1ゲーム終わるまでは同じ人が打ち、1セットごとに入れ替わります。
テニスでは、1対1のシングルスと2対2で行うダブルスとがあり、男子女子シングルス個々の優勝オッズ(アウトレイト)は大会前に賭けることができます。

最も基本的なテニスのルール4つをご紹介します!

得点の流れ

テニスの試合でのポイントの呼び方は少し独特で、以下の通りです!

・0点:ラブ
・15点:フィフティーン
・30点:をサーティ
・40点:フォーティー
・ゲーム

例えば、試合の途中結果が40-0の場合、フォーティーラブと呼ばれます。

・ホールド:サーブを打った選手がサービスエースでポイントを取った場合
・ブレイク:サーブを受ける側がそのゲームを取った場合

マッチ・セット・ゲーム

テニスの試合で勝敗をカウントする単位は「マッチ」「セット」「ゲーム」です。基本的には「6ゲーム」先取で「1セット」。大会によって何セットを取ると勝利は異なりますが、大きい大会になればなるほど3セットになる傾向が多いですが、一般的に2セット先取です。

その他に両選手がセットで勝利を上げるかどうかを「はい」「いいえ」で回答するようなものもあります。

サーブとダブルフォルト

テニスはサーブから始まり、各セットが入れ替わるためにサープする権利を移行しながら進めます。サーバーには
ファーストサーブとセカンドサーブを打つ権利があります。

試合によっては、サーブを決めれるか、そうではないかでリズムを掴んだり、失う時がありますので、サービスエースを取っているかどうかは非常に重要な指標になります。

また、セカンドサーブも失敗した場合、ダブルフォルトというペナルティが発生し、相手選手は得点を得るルールになっています。

多くの選手は第一球目は思いっきり打ち、それが失敗した場合、セカンドサーブは割と緩めにうち、ラリーで戦況を整えながら好機を掴みにいくのが一般的です。

まとめ

ブックメーカーでテニスに賭け方や稼ぎ方は見えてきましたか?
スポーツベッティングとなるとサッカーに印象が強いですが、
テニスは短時間でベットの結果がわかり、瞬時に稼ぐことができるのが魅力的です。
ベッティングオプションも豊富にあり、試合も毎日開催されているので、稼ぐチャンスは多いです。
せひ、これを機会に、各種ブクメが発表しているオッズを確認し、実際にベットしてみてください。

-ブックメーカースポーツ
-,