ブックメーカー入門

ブックメーカーの始め方/アカウント開設→入金→賭けるまで実例解説

ブックメーカーの始め方を知りたい、そのためにはどのようにしてアカウントを開設し、入金、賭けることができるのかを今回をは事例を交えて徹底解説して行きます。

オンラインベッティングをこれから始めたいと考えている方や、登録はしたもののスポーツベットを始めることができていない方がイメージしやすいように日本で馴染みのあるスポーツベッティングサイトを事例を下に説明して行きます。

今回の記事を読むことで、ブックメーカーを基本的なやり方を一通り確認できるようになりますので、今後サッカーや野球などでベットしたいと考えている方は参考にしてください。

ブックメーカーを始める流れ

ブックメーカーを始める流れ

これからブックメーカーを始めるためには、以下の5ステップを進めていく必要があります。

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. アカウントを開設する
  3. 入金する
  4. 賭ける
  5. 結果の確認する

各段階を実際に行いながら解説していきますので、初心者の方はそれぞれの手順に従いながら始め方を理解していきましょう。

どのオンラインベッティングサイトも気軽に始められますが、今回は日本でも人気のイギリスの大手ブックメーカー「ウィリアムヒル(William Hill)」を事例に説明していきます。

ブックメーカーに登録する流れ(例:ウィリアムヒル)

ウィリアムヒルの登録

まずブックメーカーでスポーツベッティングを始めるためにはアカウントを開設しなけれななりません。

いくつかあるスポーツベットサイトの中でも日本語対応しており、日本語のカスタマーサービスを受けることができるサービスを選択しましょう。

日本語対応のブックメーカーであればほとんど躓くことなくアカウント開設は可能です。
日本で馴染みがある人気サイトは以下の5つです。

  • ウィリアムヒル
  • 10bet Japan
  • Sportsbet.io
  • NetBet
  • bet365

今回は日本語に対応していて、信頼性抜群のウィリアムヒルを使って始めて行きます。

手順1 ウィリアムヒルの公式サイトへ行く

まずはじめにウィリアムヒルの公式サイトへ訪れてアカウント開設の手順を始めていきます。

ウィリアムヒル公式サイトはこちら

手順2 ウィリアムヒルでアカウント作成するための情報を入力する

ウィリアムヒルアカウント作成ページ

画面右上にある「登録する」をクリックし、新規アカウント開設に必要事項を埋めていきます。

項目 入力例
肩書き 男性は「Mr」/女性はMsを選択します。
名前を英語でMaker入力します。
苗字をBookと入力します。
生年月日 生年月日を入力します。
Eメール Eメールアドレスを入力します。
携帯電話 例)090-XXXX-XXXX
住所 (例)〒XXX-XXX
東京都XXX XXXX
(例)XXX-XXX
2chome 3-10  XXXX XXX Tokyoと英語で入力します。
日本
ユーザー名 お好みで設定してください。
パスワード お好みで設定してください。
セキュリティー質問 プルダウンメニューから選択
答え 質問の答えを入力
通貨 お好みで設定してください。
入金上限を設定 1日/1週間/1ヶ月から選択
制限を選択 プルダウンメニューから選択
プロモコード あれば入力してください

最後に配信設定がありますが、メール限定のボーナスやお得な情報が定期的に配信されますので拒否せずに3つの中から1つ選択するようにしましょう。

メールを選択するのがおすすめです。

登録通貨はどうしたらいい?

登録通貨は、登録時のデフォルトがUSDになっておりますので、特段の理由がなければJPY(日本円)に変更しましょう。

以前は日本円を選択できる他国の為替に両替しなければなりませんでしたが、現在は最も多くのスポーツベッティンングサイトで導入されいるエコペイズ(ecoPayz)が日本円に対応しているため、無駄な両替手数料を払わなくとも利用することができます。

エコぺイズはこちら

手順3 入金する

エコぺイズを経由して入金する

入金手続きを始めて行きます。ウィリアムヒルではエコペイズかクレジット・デビットカードの3種類が入金手段として使用できます

サイト内では銀行送金のタグがありますが、日本在住方は2020年8月末の時点で使用することができない状況です。

エコぺイズからの入金は入金する金額を入力して同意にチェックを入れ、緑の入金ボタンを押します。

即時に入金作業を進めるのあれば、クレジット・デビットカードの情報を入力し、出金手続きを進めて行きましょう。

スポーツベッティングの入金手段は何がある?

各種スポーツベッティングサイトのアカウントを開設したら入金手続きを進めなくてなりません。基本的に利用することができる入金手段は以下の5つです。

スポーツベット入金手段

  • クレジットカード/デビットカード
  •  銀行振込
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • 仮想通貨送金(ビットコイン、イーサリアムなど)
    ビットコインの使用はスポーツベットアイオーか10bet Japanで使用することができます。

利用できる入金手段は登録しているブックメーカーで異なりますが、これから始めたいと考えている方は、クレジットカード・デビットカード から入金することをおすすめします。

しかし今後、勝利金額が増えてきて出金手続きが必要となることを考慮するのあれば、最もオンラインカジノ・ブックメーカーで導入されているエコペイズ(ecoPayz)かSTICPAYのどちらかを登録するようにしましょう。

手順4 賭ける

実際に賭けてみる

入金が完了したら実際にスポーツを選択して、オッズを確認して行きます。

試合ベットオプションは、試合結果を予想する勝敗予想だけでなく、「最初の得点者」「引き分け返金」「正しい試合結果」などサッカーだけで約50種類以上種類から選択することができます。

今回はサッカーを事例に一番オーソドックスな90分フルタイムでの試合結果を予想する勝敗予想を使って実際にベットして行きます。

サッカーを選択

数あるスポーツの中から今回はサッカーを選択し、スポーツベッティングへの準備を行って行きます。
「サッカー」は左上にあるので、そのボタンをクリックします。

コンペティションを選択

コンペティションを選択

サッカーを選択したらサッカーベッティングの画面が出てきますので、人気試合、UEFAコンペティションなや大会名からベットしたいと考えているリーグを選択しましょう。

今回は「Jリーグディビジョン1」を選んで、試合を選定して行きます。

試合を選択

賭ける試合を選択する

次の試合が8月26日に開催されるので、勝率の高そうな試合を選んでいきます。

今回はいくつかある試合の中でも、現在首位を走る川崎フロンターレ対下位に沈む清水エスパルスの試合にベッティングして行きます。

今回はもっとも一般的な勝敗予想オッズ「90分」の中から1.30倍のオッズ、ホームチームである川崎Fの勝利に1000円ベット。

結果的に川崎フロンターレが勝利すれば1300円の払戻金が得られます。

ベット詳細で賭け金を入力

サイト内の右側にあるシングルセレクションで対象となるオッズに賭け金1000円を入力します。現在のオッズは1.30倍ですので、予想払戻金は1300円。

賭け金額が決まったら、「ベットを行う」をクリックしましょう。もしフリーベットをお持ちの場合は、フリーベットを利用選択して、フリーベットを活用することもできますので、登録時に確認ください。

ベット完了

これにてベット完了です。

ベット完了後にできる選択肢は2つです。
1つは試合の結果を待つこと。
もう一つはキャッシュアウトするかしないを選択することです。

ただし、キャッシュアウトすることでお金は返金されますが、実際の賭け金から一部キャッシュアウト手数料が抜かれるため、全額は返金されませんのでご注意ください。

手順5:スポーツベッティング結果の確認

スポーツベッティングの結果の確認

さて実際にかけた試合結果がどうなったか気になるところですよね?
最後にスポーツベッティングの確認をします。

試合結果はニュースや速報で知ることがあるかもしれませんが、複数パターン賭けている場合、的中しているのかそうでないのか忘れているケースがあるので、サイト上で「メイン残高」を確認するようにしましょう。

もしくは買った賞金額を確認したい場合は、「マイアカウント」をクリックし、「ベットとお取引詳細を見る」のページに飛ぶことで過去の履歴や勝利金などを確認することが可能です。

ブックメーカーのやり方・始め方のまとめ

ウィリアムヒルを使って実践してきたブックメーカーのやり方・始め方をこちらでまとめて行きます。基本的には4つステップで構成され、以下の手順を踏むことでスポーツベッティングを始めることができます。

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. アカウントを開設する
  3. 入金する
  4. 賭ける
  5. 結果の確認する

今回は日本人に人気のあるウィリアムヒルを事例に進めてきましたが、10bet Japan、NetBet、スポーツベットアイオー、bet365など複数のサイトに登録することもできますので、お気に入りのサイトで開設してみてください。

またサイトによってはオッズの数値、種類、取り扱っているスポーツ種目、イベントなどが異なりますので特徴を理解した上で複数サービスを用途に合わせて利用するのもありでしょう。

ブックメーカーを始めるときの注意点

ブックメーカーを始めるときの注意点

ブックメーカーを始めるときに知っておきたい注意点や疑問などありますよね。

オンラインベッティングを始める上で確認しておきたいことやよくある質問などをこちらで紹介して行きます。

ブックメーカー利用に必要なものは?

ブックメーカーを正式に始めるためには本人確認証の提出が必要になります。

有効期限ないであるパスポート、免許書、マイナンバーカードといった本人であることを証明できる書類をオンライン上でアップロードし、審査を受ける必要あります。

仮に審査なしで入金、ベットなどができたとしても監査が入り、書類提出を後々求められます。登録後はKYC書類をアップロードし、審査の通過を待ちましょう。

一方でSportsbet.ioでは特別な事情がない限り、本人確認書類を提出しなくともプレイすることもできます。

初期投資額はどれくらい必要か?

「ブックメーカーを始めるに当たり初期投資額はどれくらい必要か?」

と聞かれれば最低1000円〜5000円の間の資金を入金することをおすすめします。

もし利益を得たいと考えているのあれば1万円〜5万円の軍資金を入金しスタートさせることが無難でしょう。

上級者であれば、10万円の資金を投資する方もおりますが、これから始める方にとってはハードルが高いため、初心者の方は数千円からはじめてコツや操作方法などを確認することをおすすめします。

オンラインベッティングは国外でもできる?

オンラインベッティングは国よっては禁止されていたり、アクセスすることができないケースがあります

海外旅行や出張で国外に訪れた際にベッティングしたくてもできないこともあることを念頭に入れておきましょう。

ボーナスで勝利した場合、条件を満たさねければ出金できない。

登録時に支給されるウェルカムボーナスやフリーベットを利用して、勝利金を獲得した場合は条件を満たさなければ出金できない可能性があります

それぞれのボーナスポイントで条件が異なりますので出金が拒否された場合は、指定の金額の入金、指示に従うなどをして、出金手続きを行うようにしてください。

オッズは各サイトで異なる

オッズの数値は各ブックメーカーで異なります。
オッズは各種サイトで構築された独自の算出方法で発表されます。数値を比較するとわかりますが、差は微々たるものです。

しかしサイトによっては同試合でもオッズの数値をあげるオプションなどもあります。
ここぞというときにはそれらオプションをを屈指して、オッズの数値を上げたりしましょう。

スポーツ種類やリーグの数は異なる?

比較的に同じスポーツを取り扱っていますが、中には取り扱っていないスポーツもあれば、オッズを発表しないイベントもあります

例えば日本国内のG1レースを毎週発表するところもあれば、そうでないこともあります。
つまりブックメーカーの業者によっては、スポーツイベントは異なります

まとめ

ブックメーカーのやり方や始め方、アカウント登録から入金、ベッティング、そして結果の確認方法を知り、ベッターになる準備はできましたでしょうか。

今回はウィリアムヒルを実際に使用しながら、アカウント開設からスポーツベッティングまでの手続きを具体的に理解できましたよね。

ブックメーカーを利用するためには本人確認書類のアップロードが基本的に求められますので、すぐに始めたいと考えている方は本人確認書類とクレジットカードを手元に準備してから始めるようにしてください。

オンラインベッティングの登録方法や出入金、賭け方などをスポーツベットを始める前に必要事項を参考にしていただければ嬉しいです。

-ブックメーカー入門