ブックメーカー入門

ブックメーカーは日本では違法なのか?様々な見解をまとめました

プックメーカーやオンラインカジノ通じて海外スポーツやギャンブル、いわゆる賭博行為は違法、グレーゾーン?なのかと疑問に思う方も多いはず。

結論を言うと、認可された海外ギャンブルサイトを利用することは問題ありません。今回はその根拠となる賭博に関する法律、過去の事例を含めた内容を紹介していきます。

この記事を読むことで、賭博の違法性や安心して選べるスポーツベッティングサイトなどをご理解いただけるでしょう。

ブックメーカーを利用するのは違法になる?ならない?法律ではどうなっているのか

ブックメーカーは違法なのか法律の面からみてみよう

先に結論を申し上げると、日本から海外ブックメーカーを利用し、サッカーやラグビーといった各種競技にお金を賭けることは違法ではありません

また各種オンラインベッティングサイトは、各国で国際ライセンスを取得し、健全な運営がされています。
つまり、それらは各国政府により認可された、信頼性の高い第三者機関として認定されていることを指します。

しかし、昨今「賭け麻雀」「裏カジノ」など賭け事を取り巻く環境の違法性などについて報道されることもあるため、利用を懸念されている方もいると思います。

いわばギャンブルをした人への罰則とされる賭博罪。日本で定められている賭博罪と賭博条を運営している側に適用される規程を確認していきましょう。

単純賭博罪

単純賭博罪とは個人間でお金を賭けて何かしらのゲームを楽しむことを指します。これは刑法185条で定められています。

第185条(賭博):賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

現金を使用した賭け麻雀やプロ野球選手が野球賭博に参加したなどでニュースに取り上げられたものはこちらに該当したからです。

常習賭博及び賭博場開帳等図利

常習賭博及び賭博場開帳等図利というのは、一定の場所や情報を提供し、定期的に賭博行為を行った場合に適用されます。

第186条1項:常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

第186条2項:賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

スポーツベッティングサイトやネットカジノサイトを取り締まる可能性があるとしたら、こちらの条項が該当します。

条文(刑法) 罪名 法定刑
185条本文 単純賭博罪 罰金50万円以下or科料
186条1項 常習賭博罪 懲役3年以下
186条2項 賭博場開張図利罪 懲役3か月以上5年以下

違法になるパターン

ブックメーカーが違法になるパターン

日本の刑法185条と186条では「賭博行為」を禁止しております。
賭博に該当する行為は、賭け麻雀、野球賭博、賭け花札など、事例として一般的に挙げられます。また賭博はお金の大小は関係なく、上記の法律に該当するものは処罰の対象となります。

つまり、賭博行為に該当する一部の娯楽及び、定期的に賭博をした方には3年以下の懲役が課されます。特に暴力団や賭博の主犯、証拠の隠蔽などを行った場合、より重度の高い罰が科される可能性があります。

<h3>賭博罪で逮捕された野球賭博の事例</h3>

2016年に大阪地裁の判決では、被告人が賭博に関わる行為に関与したとされ、懲役10ヶ月および罰金30万円が科されました。

この処罰は被告人が賭金の集金や配当分配などを185条、185条2項などに該当したため、処罰がくだりました。

違法とは言えないパターン

ブックメーカーが違法にならないパターン

しかし、日本には宝くじや競馬、パチンコなどは「違法に該当しないのか」という疑問もあると思います。それらは各種法律にのっとり適切な運営が施されているため、違法性はありませんので、一つの娯楽として安心して楽しむことができます。

違法とならないもの

  • 宝くじ
  • 競馬
  • パチンコ
  • オートレース
  • 懸賞金
  • 競輪
  • 競艇
  • お年玉付郵便はがき

公共で利用できるものは違法に該当しませんので、気軽にギャンブル、投資として利用できます。

公的機関で運営されているものは政府に認可されているため、楽しい娯楽の一つで利用できます。

海外のブックメーカーの利用はグレーゾーン

海外ブックメーカーの利用はグレーゾーン

ここまで説明をしてきましたが、海外ブックメーカーを利用するのはグレーゾーンではないのかと未だに疑問に思う方はいるのではないでしょうか。

仲間内で賭けることは問題ないのか、まだまだ認知度が低いだけで、警察に見逃してもらっている可能性があると考えることもできますが、事実、2016年にスマートライブカジノ摘発事件の判例がありますので、以下で確認していきましょう。

仲間内はグレーゾーン

仲間内でお金を賭けたりすることはグレーゾーンと言えます。金額の大小に関わらず、誰かが警察に通報した場合、賭博行為に該当します。

しかしながら、仲間内のため通報などする可能性は極めて低いため、逮捕に至ることは現実的に考えにくい話。もし仮に通報されたとしても、証拠が残りにくいため、大事にならずに終わるでしょう。

友人達と自宅で麻雀、ポーカーは賭博行為に該当するので、知識として知っておいて損はないでしょう。

2016年スマートライブカジノ摘発事件

結果的に不起訴(不処罰)となりましたが、実際に2016年にイギリスの企業が運営するオンラインカジノプラットフォーム「スマートライブカジノ」が摘発され、業界及びオンラインカジノ プレーヤーの中で話題となりました。

摘発された理由は、そのゲームで遊んでいた日本人プレイヤーが日本が定める「賭博罪」に該当するとされ取り締まられました。この事件は、海外サービスでありながら、日本人向けにサービスを提供していたことが大きな論点。

注意

  • 日本人による日本語カスタマーサービス、チャットも含む
  • 日本人女性ディーラーの使用
  • キャンペーンが日本時間で開催

上記の3点が問題視されましたが、判決では「胴元であるブックメーカを処罰しない限り、利用者を処罰することは難しい」とされ、日本国内の法律が適用されることはありませんでした。

結果的に合法的なライセンスを所持しているため、違法性はないとされ、無罪判決となり、日本人がブックメーカー・オンラインカジノを利用することには問題がないと言うことが認められました。

海外にはオンライン賭博を禁止する法律がある

日本にも法律が存在するように海外にもあります。

アメリカやフランス、香港などではインターネットを介して賭博することは法律で固く禁じられています

実際にウィリアムヒルは、オンラインカジノやベッティングサイトにアクセスできないようにアクセス制限をかけています。

事実、法律にのっとり、あらゆる厳正な審査を通過して、サイトを運営しているため、合法のもとで運営されています。もし仮に違法性のあるサービスがあれば、現デジタル社会ではすぐさまに取り締まられるでしょう。

現時点でブックメーカー利用は問題なし

現時点でブックメーカー利用は問題なし

ブックメーカーを利用することは問題ございません。それらを運営するためには厳正な審査の末に発効された「ライセンス」を認可されていなければなりません。これは国内も同様でJRAの競馬や競艇は政府から許可得て、健全な運営が行われています。

そのため、ウィリアムヒル、10bet、ピナクルをはじめとしたスポーツベッティングサイトを日本国内で安心して利用することができます。

イギリスの人気ブックメーカー bet365のように日本語対応はしていないものの、認可されており日本で利用できるサービスもその他にあります。

また国内に展開されているサービスはサイトが日本語対応、日本語のカスタマーサポートを備えているため、何かしらの問題が起きた場合でも日本語で連絡することが可能です。

ただし、全てのサービスがそのように対応しているわけでないので、登録する際に言語対応などを事前に確認してください。

オッズはニュースで取り扱われる

実際に日本のニュースやテレビ番組でブックメーカーのオッズが取り上げられることがあります。日常で放送されるため、比較的日本では寛容です。

しかし、前述したように野球賭博や賭け麻雀、賭けゴルフといったものを取り締まっているのも事実。そのため、どこからどこまでの範囲が問題ないのかを、頭の中に入れておくことは非常に大切なことです。

安全なブックメーカーの選び方

安全なブックメーカーの選び方

安心して各種サービスを利用できるように、こちらで登録時の選び方の基準をお伝えします。

基本的にはどのサービスもライセンスを所持していますが、日本人プレイヤーに日本語でサポートが充実。その他に金銭面で不安を解消してくれるものを選びようにしましょう。

出入金はクレジットカードやエコペイズといった数多くのオンラインカジノ・ベッティングサイトで利用できるものがあります。ビットコインを利用できるもの数は少ないですが、お好み方は仮想通貨対応サービスを検討するもの良いでしょう。

登録する上での基準は

  • 政府公認のライセンスを所持
  • ウェブサイトが日本語対応及び、日本語でのカスタマーサポート有
  • ペイメントはクレジットカードもしくはエコペイズ

上記の条件を満たしている10betやウィリアムヒルなど日本語に対応してものを利用することで、気兼ねなく安心してご利用できるでしょう。

まとめ:海外ブックメーカーに利用して、スポーツベッティングをしよう!

ブックメーカーを利用することは違法でないことをご理解いただけましたでしょうか。海外オンラインカジノやベッティングサイトは安心してご利用いただくことができます。

イギリスで運営されている人気サイト「ウィリアムヒル」や「スポーツベットアイオー」などを含めて法に遵守された、信頼できるサイトが日本では多く運営されております。

最低限のマナーを守り、各種スポーツに賭けていれば問題ないので、スポーツベッティングを楽しみながら、安心してご利用ください。

-ブックメーカー入門
-,

Copyright© ブックメーカーおすすめ会社ランキングサイト , 2021 All Rights Reserved.