スポーツ別の賭け方

【ブックメーカー】プロ野球の基本的なオッズや賭け方のコツなどを解説

ブックメーカーでプロ野球の試合を予想したい、日本人選手が活躍するメジャーリーグに一銭投じたいなど様々な理由でオンラインベッティングを始めたいと考えている方は多いはずです。

その他にも予想サイトで始めたものの、オッズの賭け方や意味が分からない方もいると思います。

そこで今回は、これからブックメーカーを始める初心者の向けに、野球オッズへの賭けるコツや注意点などを含めて基本的なこと紹介していきます。
これらの内容を読み進めることで、各種オッズに賭けられるようになれますので、ぜひ一読ください。

ブックメーカーをするならプロ野球はおすすめ

ブックメーカーを使用して、国内のセ・パ両リーグ、交流戦などの日本プロ野球(NPB)、日本人選手が多数活躍するメジャーリーグベースボール(MLB)の試合にスポーツベッティングをすることはおすすめです。

プロ野球の試合は、シーズンが始まれば人気スポーツのサッカーやテニスと異なり、基本的には毎日開催されるため、日々賭けるチャンスがあります。
その他の競技も国やリーグを変えれば毎日開催されるものもありますが、野球は各チームの動向や結果の把握、予想がしやすいです。

さらにはチーム数とリーグ数も少ないため、情報も集めやすいなど様々なメリットがあります。

ブックメーカープロ野球の賭け方

【ブックメーカー】プロ野球の賭け方

日本でも各種ブックメーカーが展開され、ウィリアムヒル、ピナクル、10bet Japan、Netbetなどでアカウントを開設することで、スポーツベットをすぐさま始めることができます。

各オンラインベッティングサイトも国内野球のシーズンが開始する3月中旬から、シーズンが終了する10月中旬まではキャンペーンやプロモーションが開催されます。

試合は年間で100試合以上開催され、その後のプレーオフや日本シリーズ、ワールドシリーズなどがあります。

ブックメーカーで日本のプロ野球の試合に賭けると言っても、様々な種類のオッズがあるので、一般的なオッズの種類の概要、賭け方について解説していますので、是非参考にしてください。

対象リーグや基本的なオッズを知ろう

一般的に人気のあるリーグは、日本国内のセ・リーグ、パ・リーグ、世界最高峰のメジャーリーグベースボールを賭けることができます。

そのほかには韓国のKリーグ、オーストラリアリーグなどにもブックメーカーによっては賭けることができます。

勝敗オッズ/マネーラインとは?

勝敗オッズおよびマネーラインは、フルタイムの末にどちらのチームが勝利するかを予想するオッズのことです。

オッズマーケットの掲載されているホームチームとアウェイチームのオッズは過去の対戦成績など様々な実績に基づいて、オッズの数値が算出されます。

最も基本的なオッズなので、初めて賭ける人にはオススメのオッズです。

スプレッド(Spread) / ランラインとは?

スプレット/ランラインでは、ハンデを背負ったチーム、ハンデがあれば最終的に勝てる可能性のあるチームに賭けます

このハンデはお互いの対戦成績にもよりますが、基本的にはスコアに±1.5点が追加された状態から試合がスタートします。

例えば、阪神対中日のランライン。
試合結果が3-2だったとします。

1.阪神タイガースの勝利+1.5
2.中日ドランゴンズの勝利-1.5

1の阪神に賭けた場合、1.5点以上の差がないため、勝利金を獲得することができません。
一方で2の中日は最終スコアに1.5の点差を加えると、3-3.5となり、勝ち。そのため、ベッターは予想が的中したため、配当が得られました。

少し難関なオッズではありますが、勝敗・マネーラインより高オッズが設定されるため払戻金が高くなるチャンス。お互いの実力差を熟知しているのであれば、オススメの賭け方でしょう。

オーバー・アンダーオッズとは?

オーバー・アンダーは前述で説明したスプレッド ・ランラインと近しいオッズです。

上記では最終的なスコアにハンデを加えての勝敗を予想。一方でオーバーとアンダーオッズは、最終的なスコアの合計スコアが何点以上・以下なのかを予想するものです。

・オーバー:合計得点を上回るか(例えば+1.5以上)
・アンダー:合計得点を下回るか(例えばー1.5以下)

例えば、楽天対ソフトバンクの試合で、4.5オーバー/ アンダーの場合、4.5以上を上回ったらオーバーの勝ち、4.5以下で試合が終了した場合はアンダーに賭けた人が勝利金を獲得します。

野球は他の競技と比べて大差がつく試合や、エース同士が登板する日は僅差の試合などがあります。その日の先発予想やシーズンの成績などを考慮して賭けると良いでしょう。

トータルランとは?

トータルランはホームチームの得点数を、オーバー・アンダーで予想します。試合結果に関わらず、単にホームチームがどれくらいの得点を取るか、もしくは下回るかに賭ける項目です。

ホームチーム名がオッズに記載されているわけではないので、勘違いでアウェイチームの得点数と思ってベットしないように気をつけましょう。

オルタナティブ・トータルランとは?

オルタナティブ・トータルランは、両チームの合計得点が何点以上となるか、もしくは以下になるかを予想します。
両者の合計得点なので、オーバーとアンダーの数値は基本的には±5からスタート。

例えば、オーバー5に賭けたとした場合、試合結果が4-2であれば合計得点が6。
オッズの勝利条件は5点以上なので、この場合は的中となります。

プロ野球は7-5、10-8とシーソーゲームとなるケースも頻繁にあります。
そのため、アンダーの得点が高いほど低オッズ。逆に、オーバーが高いほどオッズが高くなる傾向です。

ブックメーカーでプロ野球に賭けるコツ

ブックメーカーでプロ野球に賭けるコツ

プックメーカーでプロ野球で勝つことは簡単ではありません。
プロの世界での試合の勝率も5割のため、各チームで勝ったり負けたりを繰り返します

スポーツベッティングでプロ野球に賭けるのであれば、チーム成績ではなく個人成績をより重視することが、何よりも重要になります。

もちろん、チームの勝利を導いている、チーム打率、防御率、安打数、本塁打数など様々なものがありますが、野球で試合を左右するのは投手陣です。

強いチームには年間15勝以上するピッチャーが1〜3人はいます。

つまりどれくらいピッチャーが相手の打者を抑えているかが勝敗の鍵を握っています。

野球で勝つためには得点をどれだけ取るかではなく、どれだけ許していないかを調べなくてはなりません。

そういった得点数に関与しオッズをうまく利用しすることが、野球オッズで賭けるときのコツです。

そこで以下ではどのようなオッズに賭けた方が良いかを説明していきます。

投手の防御率を確認

プロ野球のスポーツベット対象となるのは、勝敗オッズ、ハンディキャップ、オーバー・アンダーオッズです。

大前提として野球は、基本的な点と取ったり、取り返したりの攻防繰り返します。

そのため各チームがどれくらい点を抑えられるかが勝利の鍵。

そのため事前に勝敗予想に欠けるのであれば、先発投手の防御率は絶対把握しなくてはなりません。

エースであれば、点を許す機会は少ないですが、調子が悪ければ4回〜5回までに4点、5点と失点を積み重ねてしまうのがプロ野球。

そういった展開を見据えつつ防御率の把握や各チームのチーム打率などを把握し、予想を立てるとブックメーカーでの勝ち星も増えていくでしょう。

高いオッズに賭ける

勝敗予想は低いオッズではなく高いオッズに賭けることも勝つためのコツの一つです。

年間で100試合以上行われるシーズンの優勝チームの勝率は5割後半〜6割台です。

つまり首位を走るチームにかけたところで、大まかに2試合に一度は敗戦、もしくは4割以上は敗戦する可能性があることを予想することができます

強いチームが勝つ分には問題ないのですが、勝敗予想では高いオッズに賭けることは問題ありません。もちろんそのシーズンのチームの勝率などを把握した上ですが、高オッズに賭けて、資金を獲得できるのでチャンスを見逃さないようにしましょう。

勝敗だけでなく得点数

プロ野球の試合でマネーラインに賭けるのは一つの手段ですが、得点が入りやすい試合にアンダー・オーバーで賭けるのも有利な賭け方です。

リーグ戦の順位が上位同士かつエース投手の投げ合いであれば、点差はつきにくいかもしれませんが、点差が開く可能性のある試合は、かなりあります。そこで目をつけるのはオーバー・アンダーオッズ、オルタナティブでしょう。

それらのオッズは最終的な両チームの得点数に左右される傾向が強く、野球の総得点数は、サッカーのようなロースコアでなく、ハイスコアゲームです。

ハイスコアゲームのため、オーバー5やアンダー17のようなオッズにベットすれば低オッズですが勝率は上がります
そこを上手く判断して、賭け金を利用しながらベットするもの一つのコツと言えるでしょう。

ライブベッティング/インプレイを活用

野球ファンであればライブベッティングを活用することをおすすめします。

この機能を利用することで、リアルタイムで試合のデータ、バッターのカウント、成績、得点など、当日の試合展開を確認しながらスポーツベッティングをお楽しみいただけます。

実際に試合の流れを見極めながら、絶妙なタイミングで賭けられるのもの魅力。データやオッズの変動を直視しながら投資判断ができるので、緊張感を持って望むことができます。

生配信とデータを屈指して、最適なタイミングでベットをして、ライブベッティングかインプレイを屈指して、勝利金を獲得しましょう。

プロ野球に賭けるときの注意点

プロ野球に賭けるときの注意点

最後にブックメーカーでプロ野球にベットする際の注意点を解説していきます。

プロフェッショナルの世界でもここまで勝率が各チームで拮抗しているのは野球くらいでしょう。

サッカーやテニスと違い、勝率の違いが顕著に現れます。

サッカーでは年間30〜50試合で勝利8割を超えるチームもありますが、野球はそうではありません。

野球は1試合の結果も大事ですが、年間を通じてどれだけ勝ち、優勝できるかが大切ですので、賭ける前にいくつか注意した方が良い点があるので、これから始めたいと考えている片では以下の注意事項やポイントを参考にしてください。

私情を持ち込まない

プロ野球のオッズに賭けるときは、どうしても有名チーム、強いチームに賭けてしまいがちです。

プロ野球は年間で130試合以上あるので、勝つ試合もあれば、負けることも多くあります。

そのため、単純に1試合としての勝率を見るよりは、130試合でどれくらい勝てるかを考えて、勝負する方が勝てますので、私情を持ちこまないことをおすすめします。

エース同士の試合は賭けない

エース同士の試合には賭けない方が個人的には無難です。

エース同士の試合は、試合の得点数も通常の試合に比べて、低い傾向にあります。

各球団のエースの防御率は1点台のため、1試合の総得点も通常より少なくなると大いに予想することができます。それに加えエースに対しては各球団が対策を万全に練ってくるので、プロではない人間からは予想しにくいので、なるべくベットを避けるようにしましょう。

先発ピッチャーは事前に確認

プロ野球リーグに賭ける場合は、必ず予告先発投手のデータを把握するようにしましょう。

先発投手の出来が試合を左右するといっても過言ではありません。先発ピッチャーは9回あるうちの5〜7回まで、もしくは100球程度を1試合で投げます。

そのため、試合のほとんどがピッチャーの出来に左右され、打ち崩されてしまえば、途中交代、好調で三振や凡打を量産していれば、最小失点で完投をありえます。チームによっては7回〜9回はリリーフ陣を送り出し、継投対策で逃げ切り勝利を狙ってきます。

野球では先発ピッチャーが試合を作ります。そのため彼らがどのような戦績を納めているかを把握することはとても大事なことです。

まとめ:ブックメーカーでプロ野球に賭けよう

ブックメーカーを通じてプロ野球に賭ける方法は理解できましたか?

年間で100試合以上あるプロ野球は、シーズンが始まれば毎日オッズが発表されます。

基本的な勝敗予想オッズ、ハンディ、オーバー・アンダーオッズなどを屈指して、野球ファンの方はベッティングをしていただければと思います。

ぜひ、各種ブックメーカーを確認して、スポーツベットを始めてみてください。

ブックメーカーおすすめTOP3

第1位:ボンズカジノ

ボンズカジノ最大の魅力がリベートボーナス!ブックメーカーだけでなくカジノゲームなど、全ての賭けの賭け資金に対してボーナスがもらえるので、ただ遊んでいるだけでもボーナス資金が増えていきます。

継続してプレイするならボンズカジノ一択でしょう。

ボーナスコード「osusumekaisya」を入力すると入金不要ボーナス45ドルが獲得できます。

 

 

第2位:sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

スポーツベットアイオーのウリである「プライスブースト」を使用することで、業界最大のオッズを誇るピナクルでさえも上回るオッズを各スポーツ競技で1日1回、手に入れることができます。

賭けの回数がそれほど多くない、ライトユーザーの方におすすめできるブックメーカーです。

数多くのキャンペーンもあり、飽きることなく賭けを楽しむことができます。

第3位:賭けっこリンリン

ブランド名が代わり、10BETから賭けっこリンリンになりました!

ブックメーカーで最も盛んに賭けが行われているのスポーツがサッカー!10BETではサッカーを中心に様々なキャンペーンやボーナスが提供されており、サッカーを賭けの対象とするプレイヤーから大きな支持を得ています。

賭けるのはサッカーがほとんど。そんなプレイヤーには10BET JAPANがおすすめです。

-スポーツ別の賭け方
-,